根太(ねだ)

 リフォーム・リノベーション用語集

【根太(ねだ)】

用語集
根太(ねだ)

根太(ねだ)とは床板(ゆかいた)を支えるため、床の下に渡す横木のことです。

根太は床の構造の一部で、1階の場合床板のすぐ下にあり、通常4.5cm×4.5cmの寸法の部材で、床の荷重を大引に伝える役目をはたしています。

2階の床の場合、4.5cm×6.0cmの寸法が一般的です。

1階、2階ともに、303mm、あるいは455mmの間隔で根太を並べます。
材質や取り付けに問題があると、床が鳴る原因となります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース