ぬれ縁

 リフォーム・リノベーション用語集

【ぬれ縁】

用語集
ぬれ縁

ぬれ縁とは、居室の外側に設けられた縁側のことをいいます。
風雨を防ぐ壁などがなく、雨に濡れてしまうのでこの呼び名になっています。
室内の縁側とは異なり、壁面に対して直角方向に縁板を張るのが一般的です。
また雨水の切れがいいように縁板を簀の子状に張った簀の子縁や竹縁が使われます。
最近は庭先の段差解消のためや、フラワースタンドなどの縁台としても使える、後付けタイプのものが多く出回っています。

ぬれ縁には室の辺に平行に板を張る榑(くれ)縁と,室に直角に張る木口(こぐち)縁があり,前者は貴人の邸宅に多く用いられました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース