塗籠(ぬりごめ)

 リフォーム・リノベーション用語集

【塗籠】

用語集
塗籠

塗籠(ぬりごめ)とはおもに近世以前の建物で、土などを厚く塗り込んだ壁で囲まれた個室のことをいいます。
平安時代の貴族の住宅様式である寝殿造りの建物内で、土などを厚く塗った壁で囲まれた小さい部屋を「塗込」といいました。
当初は寝室として利用されるほか、衣類や調度の収納場所でもありましたが、次第に寝室としては使われなくなり後には多く納戸として用いられました。
さらに近世に入ると納戸とよばれ、主に収納場所として利用されました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース