認定建て替え

 リフォーム・リノベーション用語集

【認定建て替え】

用語集
認定建て替え

認定建て替えとは密集市街地整備法によって、延焼防止上支障がある木造建築物を、防災機能を確保するために効果的な建築物に建て替える際、その建替計画について認定を受けたものの事です。

その際の形態としては2つあり、1つ目は「共同建て替え」で、複数の地権者が土地・建物を共同で利用して建替事業を行うやり方でメリットとしては、

・建て替え資金の調達について、金融機関から借り入れしやすくなり、余剰となる空間を譲渡しやすくなる。
・階段、エレベーターのスペースを効率よく使うことができ、建物の計画全体にゆとりのある質の高い建物ができる。
・自治体によっては、各種の補助金(設計料、解体費、建設工事費、仮住居費など)がもらえる。

などが挙げられます。

複数の土地所有者が行う「共同建て替え」や「協調建て替え」に限られますが、耐火建築物・準耐火建築物以外の制限はありません。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース