24時間集中管理システム

 リフォーム・リノベーション用語集

【24時間集中管理システム】

用語集
24時間集中管理システム

24時間集中管理システムとはマンションなどの集合住宅で、火災やガス漏れ、エレベーター故障などの非常時に備えて、管理人室やセキュリティセンターが24時間体制で監視してくれるシステムのことです。
平日の昼間は管理人が常駐し、夜間や休日は、警備会社の警備員、または監視カメラや防犯センサーにより、警備会社の防犯センターで集中監視を行っているのが普通です。センサーやカメラで異常を感知すれば、最寄りのセンターから警備員が駆けつけるシステムになっています。

集合住宅などで火災が発生したときに早期発見、消火が促せるほか防犯面でもすぐに警備員が駆け付けるなどのスピード感がメリットです。
また昼間を合わせると24時間年中無休で管理でき、常にセキュリティの網が張られることになるので居住者は安心です。
大規模なマンションの管理室では防災センターと称して24時間管理をしているところもあります。
建築基準法では、一定の資格を持った資格保持者が高さ31メートルを超える高層ビルやマンション、床面積1,000平方メートルを超える地下街などには設置するという基準が設けてられています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース