二重家賃(ニジュウヤチン)

 リフォーム・リノベーション用語集

【二重家賃(ニジュウヤチン)】

用語集
二重家賃(ニジュウヤチン)

二重家賃とは、賃貸住宅の住み替えの際に、旧居と新居に同時に賃料を払わなければならない場合の家賃のことです。
引っ越し予定日の前から、空家賃などを払って新居を押さえておく、といった場合に発生します。
この二重家賃を防ぐには、まず契約書に立ち返り、解約・退去までに必要な期間を調べることが必要です。
これは、物件によって解約・退去までに必要な期間が異なるため、ここをチェックするだけで、無駄な二重家賃の発生を防ぐことができる場合もあります。

ただ、借りたい物件が「空室」になっている場合、貸主は、できるだけ空室の状態を回避するために、入居審査に通ったらすぐに契約を要求するケースが多く、現住居の退去を待たずして転居先の家賃が発生し、二重家賃にならざるを得ない事例も多いです。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース