二酸化炭素濃度測定

 リフォーム・リノベーション用語集

【二酸化炭素濃度測定】

用語集
二酸化炭素濃度測定

二酸化炭素濃度測定とは、住宅内の二酸化炭素の濃度を測定することをいいます。
居室内の二酸化炭素の濃度が1000ppm(0.1%)を越えると眠気を感じ、3~4%などは頭痛やめまいを引き起こすとされています。
そのため換気計画において必要換気量(空気量)と有効換気量(換気能力)が正しく設定されている場合には、二酸化炭素濃度は1000ppm以下(建築基準法やビル衛生管理法の規定値)となっています。

現在ではそういった事が起こらないよう適切な換気設備(24時間換気システム)を設置することを義務付けています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース