内装の補修サイクル

 リフォーム・リノベーション用語集

【内装の補修サイクル】

用語集
内装の補修サイクル

内装の補修サイクルとは内装における補修を行うサイクルのことです。
各居室の床や壁は、家族構成やライフスタイルによって、その劣化や腐朽の度合いは異なります。
また子供の成長や家族の好みの変化に応じて、模様替えやリフォーム・リノベーションを行うケースが多いです。
そのため、家族のライフサイクルと補修・リフォーム・リノベーションの時期を合理的に組み合わせて考える必要があります。

【床】

(1)畳床:2年ごとに畳を裏返し、4年ごとに表替えを行う。また10年-20年をめどに畳の取り替えを行うといい。
(2) 木製フローリング:毎年ワックスがけを行い、6年-8年ごとに汚れや剥離、腐朽等の部分補修を行い、15年-20年をめどに、フローリングの全面張り 替えを行うといい。ただし使用状況によっては、5年程度で腐朽が始まり、10年-15年で張り替えが必要になるケースもある。
(3)カーペット床:2年ごとにクリーニングを行い、化繊の場合は8年、純毛の場合は15年をめどに張り替える必要がある。
(4)塩化ビニール系床:6年-8年ごとに剥離や減耗の部分補修を行い、20年程度をめどに全面張り替えを行う必要がある。
(5)タイル床:7年-10年ごとに目地の塗り替えや剥離・割れ等を補修し、30年程度をめどに全面張り替えを行う必要がある。
(6)床根太:床下換気や使用状況によって異なるが、10年-15年ごとに折損や腐朽を部分補修し、20年-25年程度をめどに全面取り替えを行う必要がある。

【壁・天井】
(1)化粧合板・単板類:3年-5年ごとに塗装塗り替えを行い、7年-8年をめどに汚れ・腐朽・剥離等の部分補修を行う。また10年?15年程度をめどに、全面を墓えるといいだろう。
(2)繊維壁・漆喰壁:4年-5年ごとに亀裂や剥離部分を補修し、20年程度をめどに、全面を塗り替える必要がある。
(3)クロス:2年-3年ごとに剥離等の部分補修を行い、5年-8年程度をめどに全面張り替えを行う必要がある。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース