床挿し

 リフォーム・リノベーション用語集

【床挿し(とこざし、とこさし)】

用語集
床挿し(とこざし、とこさし)

床挿しとは、畳や竿縁天井の竿あるいは天井の溝が床の間の方向を向いていることをいいます。
日本建築では床の間を否定する納まりなので、不吉とされ嫌われることが多いですが、近年の建売住宅などでは床挿しの部屋がしばしば見られるようになってきています。
また、古い家屋でも床挿しの部屋があるところもあります。

別称:床指し、床刺し、指し床とも呼ばれます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース