特定優良賃貸住宅

 リフォーム・リノベーション用語集

【特定優良賃貸住宅】

用語集
特定優良賃貸住宅

特定優良賃貸住宅(とくていゆうりょうちんたいじゅうたく)とは、日本の住宅政策当局が定めた基準に基づき、土地の所有者が国や県または市からの補助を受けたり、住宅金融支援機構等の資金を利用して良質な住宅を建設する中堅所得ファミリー層向けの賃貸住宅のことです。
主に中堅所得者のファミリー向けとされ、国及び地方自治体が補助することにより、良質な住宅の供給を促進するための制度となっています。
入居者は、入居する世帯の所得額に応じて、住宅の本来家賃(契約家賃)の一部を国や県または市が補助し、入居者の家賃負担を軽減する家賃補助受けることが可能です。
また、この家賃補助は、入居後から毎年一定率で減少し、入居者負担額が本来家賃に追いつくまで最長で20年間にわたり実施されます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース