胴縁

 リフォーム・リノベーション用語集

【胴縁(どうぶち)】

用語集
胴縁(どうぶち)

胴縁(どうぶち)とは板塀・竹垣の板や竹を取り付けるため、柱と柱との間に水平に渡した材質のことをいいます。
また羽目板、石綿板,金属板などを用いる場合,それを釘(くぎ)止めにする横木のことも胴縁と呼びます。
胴縁にはたて胴縁と横胴縁があり、一般には33cmから45cm程度の間隔で取り付けられます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース