天空率

 リフォーム・リノベーション用語集

【天空率(てんくうりつ)】

用語集
天空率(てんくうりつ)

天空率(てんくうりつ)とは、おもに建築設計において、天空の占める立体角投射率のことをいう。
ある地点からどれだけ天空が見込まれるかを示し、100%が「全方向に天空を望む」状態、0%が「天空がすべて塞がれた状態」である。
建物の高さ制限には、道路斜線制限や北側斜線制限、絶対高さ制限等、様々な法規制がありますが、長い歴史の中で日本の建設事情に合わせ、制限緩和がおこなわれてきました。
その高さ制限緩和の法改正のひとつが天空率です。(※平成14年建築基準法改正において斜線制限の緩和条件として盛り込まれました。)

そこでは、斜線制限の範囲内で建てられる建築物と同等以上の天空率を建築物の周辺で確保できることが緩和条件となっています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース