手すりの握り

 リフォーム・リノベーション用語集

【手すりの握り】

用語集
手すりの握り

手すりの握りとは、住宅内に設置する手すりにおいて、手を添えたり、グリップする部分のことです。

手すりを取り付ける際には、利用者の身長、利き腕、車いす使用有無、身体の状態などによって、とくにこの「握り」部分の高さ、向き、形状、素材などに配慮する必要があります。

手すりの握りの種類には「丸型」「平型」「セーフティー型」があります。

丸型:通常タイプ。
平型(フラットタイプ):横型手すりなど、体を支えながら移動する際の手すりとして採用。
セーフティ型:手のひらで握った跡のような凸凹をバーの表面に施したもので、握力が低下している高齢者 でも、しっかり握ることができるタイプ。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース