通気層

 リフォーム・リノベーション用語集

【通気層】

用語集
通気層

建物の耐久性の低下につながる内部結露などを防ぐために、壁内部の湿気や熱気を外部へ排出するために断熱材の外側と外壁材の間に、空気が通り抜けられるように設けた空気層のことです。
通気層の厚みは、通気胴縁の厚みになり、通気胴縁の厚みは、サイディングの留め付けに必要な保持力を確保できるものとし、15mm~18mmが一般的に設けられています。
空気が通ることで、壁体内の湿気が排出され、内部結露の防止や、断熱効果が上がり、また、建物の耐久性能の向上を計ります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース