長期許容応力度

 リフォーム・リノベーション用語集

【長期許容応力度】

用語集
長期許容応力度

長期許容応力度とは、屋根荷重のような固定荷重や家具などの積載荷重に対する許容応力度のことをさします。
ちなみに「許容応力度」とは、構造体の各部材に生じる抵抗する力(応力)の限界点のことです。
建築基準法では、50年間、固定または積載荷重が加えられても問題ないように、基準強度を1.1/3倍したものを「長期許容応力度」として規定しています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース