中級織物襖紙

 リフォーム・リノベーション用語集

【中級織物襖紙】

用語集
中級織物襖紙

中級織物襖紙とは襖紙の種類の一つで、長繊維のレーヨン糸やスラブ糸、ネップ糸などの意匠稔糸で織ったも織物のことです。
図柄や絵柄は手加工または機械加工で、上品な柄が数多く用意されており、一般的な住宅でよく使われています。
ちなみにスラブ糸、ネップ糸ともに、人工的に斑を作った糸のことで、太さが均一ではないものをスラブ糸、小さな粒が表面に表れているものをネップ糸といいます。
価格は、標準的な図柄や無地なら1枚あたり2000~2500円、4枚続き柄なら1枚あたり4000~4500円程度が目安となります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース