地区計画の届出と勧告制限

 リフォーム・リノベーション用語集

【地区計画の届出と勧告制限】

用語集
地区計画の届出と勧告制限

地区計画の届出と勧告制限とは、策定されている地区計画を施行する際のプロセスの一つで、その地区計画区域内において、開発・建築行為を行おうとする場合は、工事着手の30日前(かつ建築確認申請の前)までに、区市町村長に届け出なければならないことになっています。
また、届出を受けた市町村は、以下のような点で地区計画に適合していないと判断した場合には、適合するよう勧告を行うことができます。
(1)土地の区画形質の変更
(2)建築物や工作物の建設
(3)建築物等の用途の変更等
なお、地区計画のうち、建築の形態に関わる事項は市町村が条例を定めることができます。
この場合、確認申請が必要条件となり、条例内容に適合しないものは建てられなくなります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース