担保割れ

 リフォーム・リノベーション用語集

【担保割れ】

用語集
担保割れ

担保割れとは、不動産の担保評価額が、融資残高より少なくなっている状態のことで、担保として提供された物件の評価額が、ローンなどの債務残高より少なくなっている状態のことをいいます。

一般に担保割れになると、買い換えようとしても、売却後に残るローン(残債)を自分で補わなければなりません。
通常、金融機関等においては、担保割れは切実な(早急に対処すべき)問題であり、過去には、バブル崩壊後の不動産価格の低迷により、相次ぐ不良債権増加の大きな要因となりました。

もっとも最近では、担保割れ分まで融資してくれる買い換えローンも登場してきています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース