建具の補修サイクル

 リフォーム・リノベーション用語集

【建具の補修サイクル】

用語集
建具の補修サイクル

建具の補修サイクルとは建具を定期的に補修する適当なサイクルの事です。
建具の補修サイクルは箇所によって異なります
例えば、

●居室の床・壁・天井と同様に、家族のライスサイクルと補修・リフォーム・リノベーションの時期を合理的に組み合わせると効率よくサイクルを計ることができます。
●襖の場合、3年~4年ごとに貼り替え、10年ごとに襖の建て付けを直し、15年~20年程度をめどに、新しい襖と交換する必要があります。
●障子/1年~2年ごとに貼り替え、8年~10年ごとに建て付けを直し、15年~20年程度をめどに、新しい障子と交換する必要があります。
●ドア・引き戸/3年~5年ごとに金物を取り替え、8年~10年ごとに建具を補修し、10年~15年ごとに度得・引き戸の枠を修理する。さらに20年~25年程度をめどに、度得・引き戸全体を交換する必要があります。
●サッシ/3年~5年ごとにクレセント(引締め金具)を補修・交換し、15年~20年程度をめどにサッシ全体を交換する必要があります


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース