多点杖

 リフォーム・リノベーション用語集

【多点杖】

用語集
多点杖

多点杖とは、脚が3本~5本に分岐することで、杖の支持面を広くした、安定性のある杖のことです。
脚が3本あるものを「三点杖」、4本あるものを「四点杖」といいます。

手を離しても倒れないため、トイレの中や玄関、外出先などで、杖を立てかけるスペースを探す必要はありません。

ただし、構造上、床面の凹凸した場所では不安定になりやすく、やや重いため、屋外での使用は制限される場合が多いので、実質的には屋内で使用するケースが多いとされています。
また免荷機能と体の支持性が優れているため、歩行障害が重度の場合に採用されます。
いずれもレンタル福祉用具やレンタル介護予防福祉用具の対象になります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース