リフォーム・リノベーション用語集

【畳】

用語集

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材のことです。
床の敷物で、わらを芯に藺(い)の茎を編んだ表をつけたものをいいます。
縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もあります。

また部屋の広さを示す単位(「◯畳の間」など:このばあい『じょう』と呼ぶ)としても使われます。
広さの単位として使われる場合には、地域によってその大きさに違いがあることに注意する必要があります。
たとえば京間は6尺3寸×3尺1寸5分、江戸間・田舎間は6尺×3尺(いずれも内法)を単位にして畳数で表示される(1尺=0.30303m=10寸=100分)。
このような違いがあることなどから、不動産広告における面積の表示はメートル法によるのを原則とし、居室等の広さを畳数で示す場合には、各部屋の壁心面積を畳数で割った値が1.62平方メートル以上となるようにしなければならないとされています。

およそ「1帖(1畳)」=「1.62m²以上」なのが一般的です。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース