宅地建物取引業法

 リフォーム・リノベーション用語集

【宅地建物取引業法】

用語集
宅地建物取引業法

宅地建物取引業法(たくちたてものとりひきぎょうほう、は宅地建物取引の営業に関して、免許制度を実施し、その事業に対し必要な規制を定めた法律(1952年に制定)のことです。

宅地建物取引業を営む者について免許制度を実施し、その事業に対し必要な規制を行うことにより、その業務の適正な運営と宅地及び建物の取引の公正とを確保するとともに、宅地建物取引業の健全な発達を促進し、もつて購入者等の利益の保護と宅地及び建物の流通の円滑化とを図ることを目的としています。
通称:宅建業法ともいいます。
所管官庁は国土交通省です。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース