高さ制限

 リフォーム・リノベーション用語集

【高さ制限】

用語集
高さ制限

高さ制限とは、その土地に建てられる建物の高さの上限を制限するもので、建築基準法において、ある地区や地域の建築物の高さの最高限度を定められている制限のことです。
具体的には、「絶対高さ制限」「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「北側斜線制限」「日影規制(日影による中高層建築物の高さの制限)」などがあります。
たとえば、第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域内の場合、高さの上限は都市計画で定められた10mまたは12mとなっています(場所によって異なる)
「道路斜線制限」は、道路の明るさや環境確保を目的とし、敷地の接する前面道路の反対側の境界線から敷地側に向かって立ち上がる斜線によって建物の高さを制限しています。
「隣地境界線」「北側斜線制限」は、隣地や北側の日照、環境確保を目的とし、隣地境界線からの立ち上がり(軒高)や勾配を制限しています。
「日影規制(日影による中高層建築物の高さの制限)」は、建物周辺の日照確保を目的とするものですが、建物の高さや形状といった規定ではなく、建物によって生じる日影時間によってその可否を判断します。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース