代理受領

 リフォーム・リノベーション用語集

【代理受領】

用語集
代理受領

代理受領(だいりじゅりょう)とは、非典型担保の一つ。
代理受領というのは、字のとおり、本人に代わって代理で支払いを受け、これを自分が代理した本人に対する債権の弁済に充てることをいいます。
一般的に住宅ローンで借りたお金は、住宅の所有権を売主から買主に移転して、そこに銀行等の抵当権を設定する登記を行わないと支払われません。
しかし、所有権登記のためには代金全額を支払う必要があります。
このため、買主は、住宅の引き渡しを受けてから所有権と抵当権の登記を終えるまでの間、「つなぎ融資」などを利用しなくてはいけません。
代理受領は、このような手続き上の不利益を避けるために行われます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース