耐震補強三角火打金物

 リフォーム・リノベーション用語集

【耐震補強三角火打金物】

用語集
耐震補強三角火打金物

耐震補強三角火打金物とは、窓や窓や開口部の腰壁・垂れ壁の部分に取り付ける三角形の金物のことです。
窓などがあって、壁全面に筋交いや構造用合板が取り付けられない場合は、腰壁や垂れ壁部分に構造用合板と三角火打金物を取り付けることで、耐力壁につくり変えることが可能となります。
耐震性と採光の確保を同時にできる耐震金物です。
また梁と横架材を接合する火打ち梁代わり、また方づえ代わりとしても用いられています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース