第2種歴史的風土保存地区

 リフォーム・リノベーション用語集

【第2種歴史的風土保存地区】

用語集
第2種歴史的風土保存地区

歴史的風土保存区域は、古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法、及び明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法に基づいた地区のことです。
第一種と第二種にわかれており、第2種歴史的風土保存地区とは、飛鳥時代の遺跡等の歴史的遺産を保存するために、奈良県明日香村内に指定されている地区になります。
歴史的風土の保存上、特に重要な部分といえる高松塚古墳、石舞台古墳などの周辺地区が第1種歴史的風土保存地区で指定されており、その他の地区は第2種に指定されています。
どちらの地区内においても、建築物等の建築、土地形質の変更、木竹の伐採、建築物等の色彩の変更、屋外広告物の表示・掲出などが規制されているため、建築物の新築や宅地の造成等を行う場合は、原則として、府県知事の許可を受けなければならないとされています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース