太鼓挽き

 リフォーム・リノベーション用語集

【太鼓挽き】

用語集
太鼓挽き

太鼓挽きとは、丸太材の木口の長径を縦軸にして、左右の丸みの背板を挽き落とし、木口が太鼓を側面から見たような形状にする挽き方のことをさします。
太鼓材は、主に小屋梁などの見え隠れ部材(施工後、壁の中や天井裏に隠れて見えなくなる部材のこと)に用いられます。

別名、「太鼓落とし」とも呼ばれています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース