タイル・レンガ工(職)

 リフォーム・リノベーション用語集

【タイル・レンガ工(職)】

用語集
タイル・レンガ工(職)

タイル・レンガ工(職)とはタイル・レンガ工(職)とは、一般住宅やマンションなどの建物の外壁や床などに使われる、タイルやレンガ等により建築物や工作物を築造し、取付け、又ははり付ける建設工事を業する専門職のことです。
左官工(建物の外壁や内壁に、土やモルタル(砂とセメント、水でつくられた強度の低いコンクリート)などを塗って仕上げたり、タイルやレンガを取り付けるための下地をつくる専門職のこと)が下地を整えた上に、水糸を張ってレベルを決め、モルタルや接着剤を使ってタイルやレンガを張り付けていきます。
外壁や内壁のほかに、玄関土間やキッチン・浴室・洗面所などの床が主などが中心となります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース