耐火建築物の建ぺい率緩和

 リフォーム・リノベーション用語集

【耐火建築物の建ぺい率緩和】

用語集
耐火建築物の建ぺい率緩和

耐火建築物の建ぺい率緩和とは、建ぺい率は用途地域ごとに定められているが、都市計画で定められる防火地域(主に建物が密集している地域などで防火のために、燃えない建物を建築しなければいけないエリア)の中で、耐火建築物、すなわち鉄筋コンクリートや鉄骨などで造られた燃えにくい建物を建築する場合は、都市計画で定められた建ぺい率に10%を加えることが可能な緩和措置のことです。
具体的には、指定建ぺい率80%の地域以外のすべての用途地域で、かつ防火地域内に建てられる耐火建築物が対象になります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース