耐火性能検証法

 リフォーム・リノベーション用語集

【耐火性能検証法】

用語集
耐火性能検証法

耐火性能検証法とは、主要構造部が耐火構造でない建築物でも、以下の点について一定の技術的基準に適合する場合は「耐火建築物」として認められる検証法のことです。

■耐火建築物の条件(耐火構造以外の場合)
(1)建築物の主要構造部について、構造や建築設備、用途に応じて、屋内で発生が予測される火炎による加熱に、火災が終了する(燃え尽きるまたは下火になる)まで耐えられること。
(2)建築物の外壁については、周囲で発生する通常の火災による火熱に、火災が終了するまで耐えられることも条件となる。
(3)外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に、一定の遮炎性能を備えた防火戸などの防火設備を有すること。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース