背割り

 リフォーム・リノベーション用語集

【背割り】

用語集
背割り

背割りとは芯持ち材の乾燥収縮による割れを防止するため、あらかじめ縦に割れ(切りみぞ)を入れることをさします。
また、化粧的価値の低い材面に、材面のセンターから角材の中心に向けて、適度な深さの溝を角材の全長に渡って入れる方法を「背割り」や「芯割り」といいます。
また、この溝切りには丸鋸(まるのこ:円形ののこぎり)が用いられます。
ちなみにこの「背割り」や「芯割り」は、柱や化粧材として使用される木材のみに使用します。
背割りは土台などの構造材にはしないのも特徴のひとつです。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース