生分解性プラスチック

 リフォーム・リノベーション用語集

【生分解性プラスチック】

用語集
生分解性プラスチック

生分解性プラスチック(せいぶんかいせいプラスチック)は、プラスチックの一種で、廃棄後、焼却せずに微生物によって分解されて、最終的に二酸化炭素と水になる環境に配慮したプラスチックのことです。
自然環境の中で使用される製品や、使用後のリサイクルが難しい分野に用いられることが期待されています。
生ゴミから有機肥料(たい肥)を造る装置(コンポスト化装置)の中に投入した場合には、早く分解します。なお、有機肥料(たい肥)の質には影響を与えないのも特徴の一つです。
焼却した場合にも熱量が低いため焼却炉を傷つけることがなく、クリーンで大気を汚さないのもメリットの一つです。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース