垂直荷重対応型軸組工法

 リフォーム・リノベーション用語集

【垂直荷重対応型軸組工法】

用語集
垂直荷重対応型軸組工法

垂直荷重対応型軸組工法とは水平荷重対応型軸組工法とは、木造軸組工法の住宅を設計・施工する場合に、各階・各スペースごとの荷重やスパンを考慮して、胴差し(柱と柱を連結し、2階の壁や床を支える横架材)の成(長方形断面の高さ)の幅を一定にしつつ、スパンや荷重の大きい部分に梁をもう1本加えて、垂直荷重とともに、水平荷重への対応力を高める工法の事です。
この方式は、地震や台風などの水平方向から受ける圧力に、やや弱いというデメリットもあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース