針葉樹造作用製材の規格

 リフォーム・リノベーション用語集

【針葉樹造作用製材の規格】

用語集
針葉樹造作用製材の規格

針葉樹造作用製材の規格とは針葉樹を材料とする針葉樹造作用製材を、敷居、鴨居、壁その他の建築物の造作に使用することを主な目的とした、農林水産省の定義の事です。

マツやスギ、ヒノキなどの針葉樹のなかでも、住宅などの建築物の敷居や鴨居、内壁といった造作部分に使われる部材についてJASで規格されています。
造作材は、人目に見える部分に使われることがほとんどのため見え方や美観を大切にし、節の大きさや数によって「無節」「上小節」「小節」「並」などに分類されます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース