寝室のバリアフリー工事のポイント

 リフォーム・リノベーション用語集

【寝室のバリアフリー工事のポイント】

用語集
寝室のバリアフリー工事のポイント

寝室のバリアフリー化のポイントとは寝室は将来介護や介助を受けることも想定して、リフォームやリノベーションにおける工事の二重手間やコストを抑えるポイントの事です。

例としては次の4つがあります。

①段差をなくす
寝室の出入り口、および寝室内の段差をなくす。これはバリアフリーリフォームの基本ですが、寝室でも同様です。

②手すりの取り付け
寝室の出入り口やベッドサイドなど、必要な箇所に手すりを設置しましょう。

③広さの確保
介助が必要になった場合も想定して、介助者が動きやすく、また本人の生活動作を容易に行えるような、ゆとりのある広さを確保しておきましょう。

④ヒートショック対策
ヒートショックを避けるため、フロアを床暖房に変えることも検討してみてください。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース