靱性指向型設計

 リフォーム・リノベーション用語集

【靱性指向型設計(ジンセイシコウガタセッケイ)

用語集
靱性指向型設計(ジンセイシコウガタセッケイ)

靱性指向型設計とは、RC(鉄筋コンクリート)造の建築物の耐震設計を行う際、建物を変形しやすくし、変形することで地震エネルギーを吸収させる設計の事です。
代表的な物にRC製やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)製の柱と梁を接合して、建物の骨組みを構成していく「ラーメン構造」などがあげられます。
この設計では、建物を変形しやすくするために、耐震スリットを積極的に用いるケースが多いとされています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース