省エネルギー対策等級

 リフォーム・リノベーション用語集

【省エネルギー対策等級】

用語集
省エネルギー対策等級

省エネルギー対策等級とは 平成12年4月1日に「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)」が施行されました。 その柱の一つ、住宅性能表示制度により、建物の断熱性能など省エネルギー対策の度合いを示す等級のひとつです。
平成12年4月1日に「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)」が施行されましたが、その柱の一つが「住宅性能表示制度」には10の性能表示事項があります。
その10の性能表示事項のうちのひとつが温熱環境、省エネルギー対策等級になります。
正式には「暖冷房に使用するエネルギー削減のための断熱化等による対策の等級」といいます。
一般的には全国を6地域に分けて等級1〜4で表示されます。
等級4は旧住宅金融公庫が規定した「次世代省エネルギー基準」に対応します。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース