受水槽方式

 リフォーム・リノベーション用語集

【受水槽方式】

用語集
受水槽方式

受水槽方式は給水方式の一つで、直結直圧式、受水槽式、直結増圧式の3種類にわかれています。
受水槽方式は水道本管からくる水道水を、一度受水槽で貯留した後で給水する方法を指します。
マンション等、高さのある建物で上階へ給水する為に必要な水圧が足りない場合や、短時間に大量の水を使用する施設においてこの給水方法が幅広く用いられています。
受水槽方式のメリットとして安定した水圧が得られる他、断水時や災害時に貯留してある分の水が確保できる等が挙げられます。

しかしデメリットとして状況よっては長い間タンク内に水を貯めたままになることから、衛生面の管理には十分な配慮が必要となり、法律により最低年1回以上の清掃が義務付けられます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース