尺上大丸太の製材木取り

 リフォーム・リノベーション用語集

【尺上大丸太の製材木取り】

用語集
尺上大丸太の製材木取り

尺上丸太の製材木取りとは、尺上丸太の製材木取りとは、末口(樹冠に近い部分)の直径が50cm以上のものを「尺上大丸太」といい、その丸太の木取りの事です。
その中で、樹齢80年以上、末口の直径が50cmのものを製材木取りする方法としては、このような以下の2つがあげられます。
(1)直径50cm〜58cmの場合/木材を回し挽き(丸太材を回転させて木取りを行う方法)しながら、役物柱や板子(単板などに2次加工するためのかたまりで、フリッチや盤などとも呼ばれている)、長押(柱の側面に取り付ける化粧板)、回り縁(天井と壁の接する部分に取り付ける見切り縁)、竿縁(天井板と直角の方向に取り付ける細長い材)、薄板などを採材します。
(2)直径60cm以上の場合/木材を巴挽き(丸太材を4回まわして木取りを行う方法)しながら板子や歪板子、長押、薄板などを採材します。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース