指定構造計算適合性判定機関

 リフォーム・リノベーション用語集

【指定構造計算適合性判定機関】

用語集
指定構造計算適合性判定機関

指定構造計算適合性判定機関(していこうぞうけいさんてきごうせいはんていきかん)は、建築物の構造計算が法令で定める基準に適合しているか否かを判定する機関の事です。
建築物の構造計算が適正であることを判定することで、一定規模以上の建築物についてその実施が義務づけられています。
判定は、建築基準法第18条の2の規定に基づき、国土交通大臣又は都道府県知事または指定構造計算適合性判定機関が行ないます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース