指定確認検査機関に対する監督強化

 リフォーム・リノベーション用語集

【指定確認検査機関に対する監督強化】

用語集
指定確認検査機関に対する監督強化

指定確認検査機関(していかくにんけんさきかん)に対する監督強化とは2006年6月に行われた建築基準法の改正(施行:2007年6月)では、それまで国土交通大臣にしか認められていなかった指定確認検査機関に対する立ち入り検査が、特定行政庁にも認められることになり、各特例行政庁は、所轄する区域で業務を行う指定確認検査機関に対して立ち入り検査を行い、確認審査等に関する指針に従って審査を行っているかどうかをチェックすることになりました。
ちなみに特定行政庁には、原則的に人口25万以上の市長がなり、建築基準法に基づいて建築確認や違法建築への是正勧告等を行うものですが、現実的には人口10万人以上の市長が特定行政庁となり、それ以下の市町村では県知事が特定行政庁になるケースが多いです。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース