シタン(紫檀)

 リフォーム・リノベーション用語集

【シタン(紫檀)】

用語集
シタン(紫檀)

シタン(紫檀)とは熱帯産(主に東南アジア一体)に分布している、まめ科の常緑高木のことです。
心材は一般に帯紫濃暗褐色で、暗色の縞をしており、美しく堅く、家具材として珍重されます。
黒檀とともに唐木を代表する銘木で、樹種や色調によって「本紫檀」〔古渡り(こわたり)ともいう〕、「中渡り」(なかわたり)、「新渡り」(しんわたり)、「手違い」(てちがい)などに分類されています。
床柱や床板、床框などの建築用造作材のほかに、家具や楽器、仏具、細工物などの素材としても用いられています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース