JASの特定建材

 リフォーム・リノベーション用語集

【JASの特定建材】

用語集
JASの特定建材

JASの特定建材とは、建築基準法では、シックハウス規制における「特定建材」が指定されているが、このうち日本農林規格(JAS)による木質建材をさします。
主なものとして以下の7つがあげられます。

(1)合板(広く薄くはいだ木材の単板を接着剤を使って張り合わせたもの、プライウッドともいう)
(2)木質系フローリング(縦継ぎした単層フローリング等を除く)
(3)構造用パネル(コアの両面に単板を張ったパネルで、床・壁・天井などの躯体構造部に用いられる)
(4)集成材(挽き板を繊維方向を互いに平行にして、集成・接着したもの)
(5)単板積層材(単板を繊維方向を平行にして張り合わせたもので、LVLと呼ばれている。主に柱や梁などの軸材料に用いられる)
(6)MDF(木材繊維を圧縮成型したファイバーボードの1種で、中質繊維板ともいう)
(7)パーティクルボード(木材の削片や破片を加熱形成したつくられた板のこと、チップボードともいう)。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース