個人施行型土地区画整理事業

 リフォーム・リノベーション用語集

【個人施行型土地区画整理事業】

用語集
個人施行型土地区画整理事業

個人施行型土地区画整理事業(こじんせこうがたとちくかくせいりじぎょう)とは土地の所有者または借地権者がその土地について、1人または複数人で共同して行う土地区画整理事業のことをいいます。
土地区画整理事業は、道路、公園、河川等の公共施設を整備・改善して土地の区画を整え、宅地の利用の増進を図る為のものです。
施行者が1人の場合を「1人施行」、施行者が複数の場合を「共同施行」と呼ぶ事もあります。
1人施行の場合は規準と事業計画を定め、共同施行の場合は規約と事業計画を定めて、都道府県知事や国土交通大臣の施行認定を受けてから、事業に着手することになります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース