腰付き障子

 リフォーム・リノベーション用語集

【腰付き障子】

用語集
腰付き障子

腰付き障子とは文字通り障子の下部が腰板になっているもののことをさします。
腰が付いているのには二つの理由がありその一つは、出入りが頻繁である場合、ちょっとしたはずみで、足で障子紙を破いたり、組子を傷めたり、壊してしまったりすることがあるのことへの対応などがあげられます。

もう一つは、腰無しの場合、風雨で紙が容易に破けてしまうための対応として設けたものなどです。
腰板の高さは、現在は30cm程度が一般的とされています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース