ゴシック様式

 リフォーム・リノベーション用語集

【ゴシック様式】

用語集
ゴシック様式

ゴシック様式とは中世末期のヨーロッパの建築様式(正式には2世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式)のことをいいます。
「ゴシック」という呼称は、もともとルネサンス前の中世の芸術を粗野で野蛮なものとみなすために「ドイツ風の」あるいは「ゴート風の」と呼ばれたことに由来しています。
梁と肋骨穹窿とが重い天井を支えるようになり、それによって壁の面積が大幅に小さく変化していきました。
大きくとられた窓には、ステンドグラスがはめ込まれ、絵画はパネルに描かれています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース