航空法

 リフォーム・リノベーション用語集

【航空法】

用語集
航空法

航空法とは、航空機の離着陸、航行の安全、航空機の航行に起因する障害の防止等を図ることを目的として昭和27年(1952年)に制定された法律の事です。
建築物に関連することとしては、飛行場の設置許可の告示があった後は、原則として、航空機の離発着などの障害となるおそれのある区域の土地には、一定以上の高さの建築物や植物等を設置してはならず、規定に反して設置した場合、空港の設置者により除去することを求められるなど、航行安全性の観点から飛行場周辺等のエリアについて、建築物の制限を設けています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース