公簿売買

 リフォーム・リノベーション用語集

【公簿売買】

用語集
公簿売買

公簿売買とは、不動産の売買において、登記簿上の面積(公簿面積)を基礎として売買代金の額を決定する土地の売買に関する契約方式のことをさします。
土地登記簿の表示面積で売買代金を確定し、その後は金額を変更しないのが原則とされています。
なお山林や農地などの広大な土地の売買をする時は、公簿売買によって行われることが多いのが特徴のひとつです。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース