構造計算

 リフォーム・リノベーション用語集

【構造計算】

用語集
構造計算

構造計算とは構造物に関して、自重、地震、強風などの加重によって発生する応力や変形を計算することをいいます。
その結果に基づいて構造物の安全性等を判断します。

建築確認申請に当たっては、構造や規模に応じて定められている一定の建物について、構造計算書を添付して、構造計算適合性の判定を受けなければならないとされています。
この場合の計算方法や、想定する加重、必要とする耐力などは、建物の構造、規模、用途等によって異なります。

また、構造計算の適合性の確保を含めて建築物の構造をデザインする業務を構造設計と言い、建築士が責任を負うべき重要な業務のひとつとされており、耐震設計もこれに含まれます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース