倹飩式(ケンドン式)

 リフォーム・リノベーション用語集

【倹飩式(ケンドン式)

用語集
倹飩式(ケンドン式)

家具・建築物の構造の一種で、収納部の蓋・扉の開閉手段のひとつです。
箱などの戸や蓋を嵌め込む方式で、上下に溝をつけ、戸や蓋を上げ落としに建て込む方式、上下に溝をつけ、戸や蓋を上げ落としに建て込む方式のことをさします。
基本的な構造は「レールにはめこむもの」であり、上から蓋・扉をはめこむもののことを意味します。
書院造の地袋の「戸ふすま」も「けんどん」になっていることがあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース